年齢肌と見られてしまう状態とは

年齢肌とは、年齢を重ねている事が、見た瞬間にわかってしまうような肌です。
若々しい肌とは正反対の意味合いとなる言葉ですから、悪く言うと、老け顔と言う意味合いとなります。
年齢肌を感じさせてしまう状態は、シミが増えてしまっている肌や、目の下のクマが濃くなってしまっている肌もそうですし、顔の色合いが茶褐色にくすんでしまっている場合も年齢肌となります。その他にも、毛穴の開きや肌のたるみ、目のおちこみや、頬のやつれなども年齢肌を感じさせやすい状態であると言えるでしょう。
年齢肌を感じさせないようにするためには、早めのエイジングケアが大切です。
年齢肌を感じさせる前からエイジングケアを取り入れる事が理想ですが、年齢肌を感じるようになってから、肌のお手入れを始めても遅くはありません。何もお手入れをしないと、年齢肌は更に進んでしまい、エイジングケアを取り入れても修復不可能となってしまう事もありますから、年齢肌に気が付いたら、少しでも早くお手入れを開始し、老化現象にストップをかけましょう。早い人の場合、30代に入るころから、年齢肌を感じさせてしまう人もいますし、童顔である人の場合、何のお手入れをしていなくても、40代になっても若々しい肌を維持することが出来ている人もいます。人によって、年齢肌を感じさせてしまう時期は異なりますから、自分の肌を毎日チェックしながら、今までとは違うと感じる事がないかどうかを確認することが大切です。

You may also like